がれき類の産廃処理と処分費を解説 - 株式会社山一商事

お役立ち

2021.12.22

がれき類の産廃処理と処分費を解説

建設現場で発生する「がれき類」についてご紹介します。

がれき類は建設系廃棄物に分類され、コンクリートがら、アスファルトがら、レンガ破片等が含まれます。

再生利用される割合が高く、破砕後、また同じようにコンクリートやアスファルトとして利用されることが多いでしょう。

当社でのがれきの扱いや処分費、よくある質問については記事の後半にてご紹介しております。

 

がれき類とは?

がれき類とは?

がれき類とは建設現場で発生したコンクリート、アスファルトの破片(建設廃棄物)のことです。

廃棄物処理法では「工作物の新築、改築又は除去に伴って生じたコンクリートの破片その他これに類する不要物」と明記されています。

あまりに名称が長いため「がれき類」とも呼ばれており、これは公的な場所でも使われている呼び名です。

 

工作物の新築、改築又は除去に伴って生じたコンクリートの破片その他これに類する不要物とは

廃棄物処理法で定められている「工作物の新築、改築又は除去に伴って生じたコンクリートの破片その他これに類する不要物」を具体的に例に挙げると以下のようになります。

 

工作物

工作物が何なのかは具体的に明記されていません。

人為的に地面に固定されているものであれば工作物と呼ばれます。

工作物に含まれるものとしては家屋、ビル、鉄道、道路等があります。

 

新築、改築または除去

建設現場で行われる新築、改築、増築、解体が含まれます。

家屋、社屋、工場等の建設が該当します。

 

コンクリートの破片、これに類する不要物

上記の現場から排出されたコンクリートの破片、アスファルトの破片、レンガ破片が含まれます。

 

がれき類の種類

がれき類の種類

 

がれき類は建設現場で発生した

コンクリートの破片(コンクリートがら)

アスファルトの破片(アスファルトがら)

レンガ破片

をさします。

 

建設現場から発生する産業廃棄物のため、建設系廃棄物用マニフェストを使用します。

また、がれき類処理の詳細は自治体に委ねられている場合があります。

がれき類の処理において不明な点がある場合は、排出事業者、排出場所の自治体に詳細を問い合わせてください。

 

がれき類とコンクリートくずの違いは?

がれき類とコンクリートくずの違いは?

がれき類とコンクリートくずの違いは産業廃棄物そのものが発生した現場によって異なります。

 

建設現場から発生した場合は「がれき類」

建設現場以外から発生した場合はコンクリートくず「ガラスくず、コンクリートくずおよび陶磁器くず」

 

に分類されます。

 

※コンクリートくずには製品の製造過程等で生ずるアスファルト、コンクリートブロックくず、イン ターロッキングくず、レンガくず、廃石膏ボード、セメントくず、モルタルくず、スレートくず、陶磁器 くず等 が含まれます。

 

産業廃棄物として扱われるがれきは発生した現場によって呼び方、扱いが変わります。

 

がれき類の処分の流れ

がれき処分の流れ

がれき類は小さく破砕処理され、安定型最終処分場に送られ埋め立てられます。

ですが、最終処分場で処分されるがれき類はそう多くなく約9割のがれき類は再生利用されるのです。

 

令和元年の産業廃棄物処理実績値が掲載されている環境省の資料を見てみると、再生利用率が1番高い産業廃棄物は「がれき」です。

排出量に対する再生率の割合は96%となっています。

参考:令和2年度事業 産業廃棄物排出・処理状況調査報告書 令和元年度速報値(概要版)

 

がれき類は再生処理後、主に以下のようなリサイクル材と生まれ変わります。

 

再生路盤材

道路舗装の基盤に使われます。

がれき類として出た廃棄物の粒を40㎜程度にそろえ調整したリサイクル材です。

 

再生砕石(リサイクル砲石)

建築物の基礎に敷かれる小石のことです。

 

アスファルト合材

舗装用アスファルトの原料になります。

舗装用アスファルトは砂や石粉、アスファルト等を混ぜ合わせて作られたもので、がれき類を粉剤下アスファルト合材も使用されます。

 

再生骨材

コンクリートやアスファルトの原料のことです。

がれき類を粉砕し、また同じように原料として使用します。

 

がれき類のほとんどは破砕処理が行われた後、コンクリートの基礎やアスファルトとして再生利用されるのです。

 

がれき類の処分費

がれき類の処理費用についてです。

 

コンクリートがら、アスファルトがらは6,000/m3

 

建設現場以外から発生したがれき類の場合

 

ブロック・レンガ・自然石等は12,000/m3

非分別品のがれきは15,000/m3

 

より受け入れを行っております。

 

※他廃棄物の費用等は弊社HPにも記載されています。

 

収集、運搬も一緒に行う場合は収集運搬費が費用に加算されます。

コンテナつきの車両が必要な場合、収集運搬の時間や曜日によっても料金が変動します。

また実際の引き取りは実物を拝見させていただいてからのお見積りとなります。

まずは当社営業部までご相談ください。

 

がれき処分についてよくある質問

廃プラスチックについてよくある質問

がれきの処分について、よくある質問とその回答をご紹介します。

これ以外に不明な点がございましたら、弊社営業部までお問い合わせください。

 

Q 自然石の処分は可能ですか?

 

A 大きさなどで変動いたしますが¥15,000/m3~で処分可能です。

 

Q 有筋ガラの処分は可能ですか?

 

A 処分可能ですが鉄筋の量で処分単価が変わることがございます。

 

山一商事 広報部

埼玉県川越市を中心に産業廃棄物の運搬・処理を行う「株式会社山一商事」の広報部です。お客様にとってお役に立てるような情報や私たちからのお知らせをご案内させていただきます。

TOP