SDGsへの取り組み - 株式会社山一商事

SDGsへの取り組み

山一商事のサステナブル宣言

私たち株式会社山一商事は、企業理念である「循環型社会の構築」を実現するため、SDGs(Sustainable Development Goals:持続可能な開発目標)に取り組み、サステナブルな社会の実現に向けた企業責任を果たすことを宣言いたします。

SDGsとは

SDGsとは、Sustainable Development Goalsの略称であり、持続可能な開発目標を指す。
2015年9月の国連サミットにで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載された、2030年までの国際目標。17の目標と169のターゲットで構成されている。

SDGs

具体的な取り組み

ポリバレント様との啓発活動

各界で活躍するアスリートのマネジメント事業を展開するポリバレント様と業務提携契約を締結。グローバルで活躍するアスリートと連携した、地球環境問題への取り組み、SDGs啓発活動を共同で展開しています。

スポーツ視点での地球環境問題への取り組み、SDGs啓発活動を共同展開の一環として、インタビュー企画「トップアスリートと考えるSDGs」を展開しています。

トップアスリートと考えるSDGs「スポーツ界からできること。」

【関連ページ】

環境スタートアップ「ピリカ」様との研究開発

SDGsの取り組みの一環として、環境スタートアップの株式会社ピリカ様との連携を通じ、山一商事はごみ収集車のドライブレコーダーを活用した研究開発に取り組んでいます。

【関連ページ】

アルバルク東京様との取り組み

SDGsパートナーとして、アルバルク東京様のSDGsの取り組み「ALVARK Will」を支援しています。また、試合会場での古着回収を通じたリサイクルプロジェクトも展開しています。

【関連ページ】

長坂真護氏への協賛サポート

アートでサステナブルな社会を目指して活動を展開する、美術家の長坂真護氏(MAGO)をサポートしています。

【関連ページ】

地域等と連携した清掃活動

地域や学校、省庁、企業等のみなさまとともに、サステナブルな循環型社会の実現に向け連携できるよう、清掃活動を実施しています。

【関連ページ】

マスクの寄付

新型コロナウイルス感染にあたる医療従事者及び地域住民への支援などのため、弊社およびポリバレント株式会社の2社合同にてマスク10万枚を寄付いたしました。またこの寄付に対し、大野元裕埼玉県知事、川合善明川越市長よりそれぞれ感謝状を頂きました。詳しくは下記をご覧ください。

森林保有に関連した活動

山口県に約180ヘクタールの森林を保有するグループ会社の大幸牧場は、森林の保有・維持管理を通じ、CO2削減に向けた取り組みを実施しています。
また、再生可能エネルギーの普及・促進に資する太陽光発電事業であるメガソーラー発電所にも共同企画・地主として参画し、発電所の維持管理義務の一環として、山一商事が除草作業等を継続的に実施しています。


出典:京セラ

TOP