第6回 名取鉄平選手 後編 - 株式会社山一商事

トップアスリートと考えるSDGs

トップアスリートと考えるSDGs「スポーツ界からできること。」

持続可能な開発目標である「SDGs」が現代社会における不可欠なテーマとなるなか、プロのアスリートたちはこの問題にいかに向き合っているのでしょうか。
とりわけ様々な道具を使うスポーツでは、17の目標のひとつである「つくる責任 つかう責任」が身近なテーマとして関わっています。
このインタビューシリーズでは第一線で活躍するトップアスリートたちに、自身の「SDGs」に対する価値観を語っていただきます。

第6回

名取 鉄平選手(レーシングドライバー)後編

Teppei NATORI

名取鉄平選手

環境に悪いことをしている自負があるからこそ、

やらなければいけないことがあると思っています

「環境に良くないと思われているレース界のイメージも変わってくるはず」

ガソリン価格の高騰も最近では問題となっていますが、レース界では影響はないのですか?

「一般の方には影響あるかもしれないですけど、レース界ではチームにガソリンのスポンサーが付いているので、あまりそういう話は聞いたことがありません」

ちなみに、ガソリンは1レースでどれくらい使うんですか?

「どれくらいですかね? 500リットルとかかなぁ。ちょっとわからないですけど、相当使っていることは間違いないです。燃費はめちゃくちゃ悪いですから(笑)」

PHOTO

ガソリンも消耗品ですが、タイヤも消耗品ですよね。

「そうですね。僕らはサーキットに合わせてタイヤテストというのをやっていて、そのレースのためだけにタイヤを作っているんです。だから、ひとつのレースが終われば、そのモデルのタイヤはもう使わなくなります。予選と本選でもタイヤを使い分けていますし、レース中にもタイヤ交換がありますから、1レースあたりでかなりのタイヤを使います。使わないまま終わった予備のタイヤも、次のレースでは使えない。それをどうやって破棄しているのかは気になりますね。リサイクルはどうなっているのか。ちょっと調査不足だったので、聞いておきます(笑)」

レース界では、リサイクルの動きはあまりないんでしょうか?

「あるとは思うんですけどね。そういう部分ももっとアピールできれば、環境に良くないと思われているレース界のイメージも変わってくるはずですし、もっと認めてもらえるのかなと思います」

「僕らのような若い世代こそ、意識を高めていく必要がある」

SDGsの観点で、今後やっていきたいことはありますか?

「環境問題のインフルエンサー的なものに登録したんですよ。SDGsに関する発信をリツイートしたら、寄付につながるような活動です。やっぱり僕の周りを見ても、環境問題を意識している人は、まだまだ少ない。もちろんしている人もいるとは思いますけど、僕らのような若い世代こそ、そういう意識を高めていく必要があると思っています。同世代に広めながら、それがレース界にも広がっていけば、業界自体も変わっていくと思います。レーサーでこういう活動をしている人はあまりいないので、僕が先陣を切って、発信していきたいですね」

そのためには、SDGsに関わる知識を深めることも重要になってきますよね。

「そうですね。まだまだ知らないことがたくさんあるので、もっと勉強したいなと思います。ありがたいことに、こうやって発信できる立場にいると思うので、自分からたくさんの人に伝えていきたいです。もちろん、環境に悪いことをしているのは自負しています。イメージを大事にする企業には、スポンサーを断られますしね(笑)。ただ、環境に悪いことをしているからこそ、やらなければいけないことがあると思っています。自分にできることを考え、行動に移していきたいです」

PHOTO

最後に、レーサーとしての今後の目標を教えてください。

「今年は国内でやることにシフトしたので、そのなかでトップを取ることが一番の目標です。日本で結果を出せれば、また海外からも声がかかると思うので、とにかく結果にこだわってやっていきたいです。近い将来はまた海外を拠点に活動して、そこでさらに評価してもらえば、もっと上にも行くことができる。F-1の舞台にもたどり着けるように、頑張っていきたいです」

名取鉄平

名取鉄平 プロフィール

2000年9月11日生まれ。山梨県出身。174cm
・60kg。8歳でレーシングカートを始め、その後数々のジュニアカテゴリーに参戦。2017年に鈴鹿サーキット・レーシングスクール・フォーミュラ(SRS-F)を首席で卒業し、同年にはS-FJ日本一決定戦で優勝を果たした。2018年からFIA-F4選手権にフル参戦し、14戦中3勝してシリーズ2位を獲得。2019年はFIA-F3選手権にCarlin
Buzz Racingから参戦。2021年にはSUPER FORMULA LIGHTSでシリーズチャンピオンを獲得した。

株式会社 山一商事

山一商事は、「循環型社会の構築」を企業理念に掲げています。創業以来、約40年にわたり、産業廃棄物(普通・特管)収集運搬、中間処理、最終処分業、総合解体工事一式、スクラップ買取等をコアの事業として、東京本社、埼玉県(さいたま市、川越市、越谷市)、千葉県(成田市)等を中心に展開してきています。これらの事業経験、知見、資産の活用と各ステーククホルダーやパートナーとの連携を通じ、美しい環境を守り、次世代へ受け継ぐために、廃棄物そのものの量を減らし、リサイクルを徹底するとともに天然資源の消費を抑制し、
環境負荷をできる限り低減する循環型社会の構築に寄与していくことこそ、山一商事の使命です。事業展開そのものが、SDGs(Sustainable Development
Goals:持続可能な開発目標)の取り組みと捉え、サステナブルな循環型社会の実現に向け、グループ事業とともに様々な展開を継続するなか、今後も地域や学校、省庁、企業等さまざまなステークホルダーとの連携を強化していきます。

TOP